top of page

練習前にストレッチをするとケガをする!?


みなさんは練習前にきちんとストレッチを行っているでしょうか? 「もちろんですよ!当たり前じゃないですか!」 でも、実はこの練習前のストレッチが練習効果を下げてしまう可能性が高いという事をご存知ですか? そればかりか筋力や瞬発力を低下させ、怪我をするリスクも高まってしまうんです ストレッチには大きく分けて2種類あります 肩回しや足の横振り等の関節を動かし筋肉を伸ばす ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ) 反動はつけず一定の姿勢を継続(10~30秒)して筋肉を伸ばす スタティックストレッチ(静的ストレッチ) この2種類のストレッチのうち、練習前にしてはいけないのはスタティックストレッチです スタティックストレッチを行うと筋肉や腱がゆるみます ストレッチをすることにより筋肉や腱を伸ばし、固く縮まった身体をゆるませることや 身体の柔軟性を高めたりすることは運動をするうえではとても重要です しかし、疲労回復や柔軟性を高める必要があるのは運動した後なのです 運動する前に筋肉をゆるませてしまうと、適度な弾力を失ってしまい 本来出せるはずの力が出せなくなってしまいます つまり 一定時間同じ体勢を続けて伸ばせば伸ばすほど運動能力は下がり怪我のリスクが高まる 事になってしまうんです しかし現実は怪我や故障が多い人程念入りに柔軟体操などをやっているのではないでしょうか? 「じゃあ、練習前にストレッチはしない方がいいんですか?」 それは違います あくまで練習前にしてはいけないのはスタティックストレッチです 練習の準備に必要なのは、身体を動かし筋肉を温めることですが スタティックストレッチでは疲れて張った筋肉をゆるめリラックスさせてしまいます そこで練習前にはダイナミックストレッチを取り入れるといいでしょう ダイナミックストレッチは 身体を動かし筋肉の伸長と収縮を繰り返しながら筋肉を温める 事ができるので準備運動としては最適です ただし、動かす方がいいからと言って必要以上に反動をつけたり早く動かしたりするのは 逆効果ですので気を付けましょう なお、スタティックストレッチは練習前にはやらない方がいいですが 練習後には必ず取り入れるようにしてください そうすることで柔軟性を高めたり疲労した筋肉の回復を促してくれます 最後に日本水泳連盟が2011年度フリーリレー強化合宿でのダイナミックストレッチの動画を貼っておきます みなさんの練習前のウォーミングアップに役立てていただければ幸いです

正しいストレッチを意識して健康で効果的に上達しましょう!

閲覧数:358回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page